[Win10]BootCampのキーボードドライバーを修復する方法

MacBook Air (Early 2015) に BootCamp でインストールしていた Windows 8.1 を Windows 10に「アップグレード」してみました。

デバイスマネージャーをぱっと見た感じでは大きな問題はなさそうだったのですが、MS-IMEの設定画面で[かな]キーと[英数]キーが認識されていないことが気が付き、さらに[Fn]も働かないことから、キーボードのドライバーに問題があると分かり、デバイスマネージャーで確認すると BootCamp のドライバーではなく標準のキーボドドライバーが動作していました。

2015-07-30 14_45_46-プログラムと機能

まずプログラムと機能から「Boot Camp サービス」の修復を試みてみましたが、状況は変わらず。キーボードのドライバーもありましたが、そちらに至ってはエラーが出てアンインストールの画面にすら進めない状況。

スクリーンショット 2015-07-30 15.03.14

そこで一度Macで起動し、Boot Camp アシスタント から「最新の Windows サポートソフトウェアを Appleからダウンロードする」にだけチェックを付け、USBメモリーにWindowsサポートソフトウェアを書き込みます。

2015-07-30 14_41_34-USBからコピーからコピーしてきたファイル

再びWindowsで再起動し、USBメモリーに保存されているサポートソフトウェアをHDD/SSDの適当な場所にコピーします。このとき「$WinPEDriver$」フォルダーを忘れると後で怒られるので注意しましょう。

2015-07-30 14_41_43-BootCamp

「Setup.exe」を実行して、促されるままに進めば、勝手に修復されます。うちの環境では無事キーボードの機能が全て使えるようになりました。加えて Bluetooth のアイコンもタスクトレイに表示されるようになったので、そちらのドライバーも修復されたのでしょう

ということで、結論としては MacBook Air (Early 2015)で BootCamp している Windows 8.1 を今すぐ Windows 10 にアップデートしても大丈夫、という人柱情報でしたー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です