Windows10でOctaveのプロンプト(>)が表示されない

SourceForgeからGNU Octave 3.6.4(2016/1/5現在の最新版)のWindows用バイナリーをダウンロードしてWindows10にインストールし、作成されたショートカットから起動したところ、

インストール直後のOctave 3.6.4 on Win10

このように、入力したOctaveのコマンドは正しく処理されていますが、入力を受け付けていることを示す、「octave…:1>」のようなコマンドプロンプトが表示されません。しかも、構文エラーになるようなコマンドを入れると終了してしまうようです。

ほかのバージョンのWindowsでは確認していませんが、少なくともWindows10においてはデフォルトでいわゆる「対話モード」のOctaveが起動しないようです。

Octaveのドキュメントのコマンドラインオプションを確認すると、よくある「-i」または「--interactive」で強制的に対話モードで起動できるということなので、

Octave 3.6.4のショートカットでコマンドラインオプションを指定

このように、Octaveのショートカットへのプロパティーで「-i」オプションをファイルパスの後ろにつけてやれば、ショートカットから起動しても

Octave 3.6.4 を 強制的に対話モードで起動

このように、「octave-3.6.4.exe:1>」といったプロンプトが表示されるようになりました。