Windows 8にTeXをインストールして使うまでの手順

先日新しくUltrabookを買いました。実は初めてのWindows 8なんですよ。だから「あれ???スタートボタンがない?????」みたいなテンプレのリアクションを(独りで)して,とりあえずソフト何かソフトで開きたかったら[Win]+[Q]を押せばいいのかと悟ってようやく安心できました。

そういうわけで,新しくWindows 8機にTeX環境を作ることになりました。ちょうど理工系の学部の大学に進学なさった知り合いも多いので,この機会にメモを作っておけば需要ありそう,というのがこの記事を書こうと思った動機です。ついでに(将来の自分のためにも)フォント周りのめんどくさい設定を済ませて,dvipdfmxでフォントを埋め込みのPDFを出力できるTeX環境を構築しちゃおう」,というところまでがこの記事の内容です。

一番楽な方法で行きましょう

TeXをインストールするにあたって,皆さんは特にこだわりがありません(断言)。そこで,あべのり先生の「TeX インストーラー」を使わせていただくことにしましょう。
ダウンロード画面
TeX インストーラー」のページにアクセスして,最新版をダウンロードします。
ダウンロードしたzipファイル
ダウンロードしたzipファイルを展開してください。

さっそくインストールを始める

展開したら次のようのフォルダーができると思います。
zipファイルを展開した図
この中の「abtexinst.exe」を実行します。UACが出たら許可してください。
installer1
「Change Language」は必要に応じてどうぞ。「次へ」進みます。
installer2
インストール先を聞かれますが,特にこだわりのない皆さんは普通はデフォルトのままでいいです。しかし,この記事を書いているときの一時的な問題だったのかもしれませんが,そのまま先に進むと,
installer6
こういうエラーが出ました。ログファイルを見てみると,
installer7
とってもシンプルなエラーメッセージで一見何が言いたいのかさっぱりですが,大学受験勉強で培った行間を読む力を駆使すれば,「W32TeXのファイルのダウンロードに失敗したんだな」と分かりますね,分かりません。とりあえずいろいろ試行錯誤してみたら原因はそれでした。そこで,
installer9
インストーラーがW32TeXをダウンロードしに行くURLをこう変えたらうまく行きました。同じ理由で,
installer10
次のページのGhostscriptのURLも別のものに変えます。このURLのエラーは一時的なものなのか恒久的なものなのかはわかりませんが,インストーラーのこの画面でこういうエラーが出る可能性があって,その場合はこうすればいい,ということは覚えておいてください。

気を取り直して進みましょう

installer4
ダブルクリックでTeXworksのフォント設定の画面が出ますが,後で正しく設定し直すので今はそのまま進んで大丈夫です。(ちなみにさっきのエラーが出るとしたらこの後です。)
installer11
続いてインストールする内容を選択する画面です。が,例によって特にこだわりのない皆さんはデフォルトのままでいいでしょう。
installer12
その他のインストールする内容の確認です。(といってもTeXworksしかありませんが)TeXworksはこの先の説明でガッツリ使うので,あまのじゃくじゃなければ絶対にチェックを外さないでください。次に進むと,
installer13
勝手にダウンロードが進み
installer14
そのままインストールも勝手に進めてくれるので,このまま最後まで自動かと思いきや,
installer15
Ghostscriptのインストーラーは手動で進めなければなりません。ですが例によって特にこだわりのない皆さんは,「Next>」
installer16
「I Agree」
installer17
「Install」
installer18
暇なら「Show details」を眺めましょう。
installer19
今は別にReadmeとか読みたくないのでチェックを外します。そしてFinish!

続いてGSviewのインストールが始まります。
installer20
「Setup」
installer21
インストールに使う言語を選択します。「やっぱりロシア人がいいかな♡」とかそういう話じゃないですよ!別にわざわざ第二外国語選ばなくていいです!おとなしく「English」を選びましょう。
installer22
「Next>」
installer23
「Next>」
installer24
ファイルの関連付けについて聞かれます。上にだけチェックが入っている状態でいいと思います。Adobeの高いソフトを持っている人はチェックをつけないほうがいいかもしれません。
installer25
インストール場所は,例によってアレなので「Next>」
installer26
「Next>」
installer27
例によってry,「Finish>」
installer28
インストールが始まります。
installer29
終わりました。「Exit」

installer30
最後にdvioutのインストール先を指定します。
installer31
インストールが完了しました。
installer32
素直に再起動しましょう。

これでインストールは完了しました。しかしやるべきことはまだまだあります。

TeXworksをスタート画面(いわゆるMetro)のタイルに表示させよう

せっかくWindows 8なので,デスクトップだけでなくスタート画面にもTeXworksを表示させましょう(インストールしただけではTeXworksを表示してくれません)。

まずTeXworks本体のある場所を開きましょう。デフォルトの設定でインストールしたなら,[Win]+[E]のショートカットキーを押すなどして「コンピューター」を開き,「OS(C:)」>「w32tex」>「share」>「texworks」を開きます。
pin1
texworksフォルダーの中に「TeXworks.exe」(.exeは設定によっては表示されません)があるはずですので,それを[Shift]キーを押しながら右クリックすると図のようなメニューが出てきます。そして,「スタートにピン留め(P)」します。

pin2
スタート画面を開いてみると無事登録されていますね。(図の右下)

いよいよフォントの設定です

日本人がTeXを使おうとして何が一番躓くって,間違いなくフォントの設定です。ちゃんと設定しないと,TeXworksで,文字が表示できなかったり,コンパイルできなかったり,と,もうそれはそれは「TeXマジクソ」と言う大学生が増える原因に違いありません。ですが,これからいう手順でちゃんと設定すれば間違いなく動くのでご安心ください。

ネットの他のサイトではフォントのライセンスの問題から生成するPDFにフォントを埋め込まない設定の説明が多いですが,ここでは正規のWindowsを使っている限りライセンス上の問題のない「MS 明朝」と「MS ゴシック」をPDFを埋め込みます(PDFにフォントを埋め込むというこは,そのフォントをインストールしていないパソコンでそのPDFを見てもちゃんとそのフォントで表示してくれます)。なお,モリサワやFONTWORKSのライセンス,あるいはヒラギノ・小塚などのライセンスを持っている人は,適宜以下の説明をそれらのフォントに読み替えればそういう高級なフォントを埋め込んだPDFが作れます。

フォントをコピーする

残念ながら,我々が使うTeXのコンパイラーはWindowsにインストールしてあるフォントを認識してくれません。ですので「MS 明朝」と「MS ゴシック」のフォントファイルをコピーして,コンパイラーが認識できる場所にペーストします。(ネットによくある解説ではしばしば「シンボリックリンク」という機能を使うことでコピーペーストによるライセンス違反の可能性を排除していますが,そんなことがスラスラできる人はこのページなど見ていないということで,安易なコピーペーストで話を進めます。)

font1
[Win]+[E]などで「コンピューター」を開き,「OS(C:)」>「Windows」>「Fonts」と進むとフォントがずらりと並んだ画面になります。「MS 明朝」と「MS ゴシック」の二つを選んで,コピーします。

font2
TeXのインストール先がデフォルトであれば,再び「コンピューター」を開き,「OS(C:)」>「w32tex」>「share」>「texmf」>「fonts」>「opentype」と進んでいきます。そして,その「opentype」フォルダーに先ほどコピーした二つのフォントファイルを貼り付けます。「msmincho.ttc」と「msgothic.ttc」は「MS 明朝」と「MS ゴシック」の本当のファイル名ですのでびっくりしないでください。

fontx
もう一度,[Win]+[E]で「コンピューター」を開き,「OS(C:)」>「w32tex」>「share」>「texmf」>「fonts」>「map」>「dvipdfmx」>「base」進んでいけば,(デフォルトのインストール先なら)その「base」フォルダーの中に「cid-x.map」というファイルがあるはずです。それをバックアップのためにコピーして貼り付けておきます。
fonty
デスクトップやスタート画面から「TeXworks」を起動します。そして,「cid-x.map」をTeXworksのウィンドウにドラッグ&ドロップします。(「cid-x.map」は必ずしもTeXworksで開く必要はなく,「秀丸」などを使っているならそっちでもかまいませんが,Winodws付属の「メモ帳」では改行コードの関係で開かないほうがいいです。)

font4
「cid-x.map」の内容を全消しして,以下の内容コードをコピーペーストして保存してください。

各行に3つの塊がありますが,「MS 明朝」「MS ゴシック」以外の別のフォントを使う場合は一番右を変更します。「msmincho.ttc」や「msgothic.ttc」の前についている「:0:」は使うフォントの形式が「.ttc」の時だけ必要で,もし「.ttf」や「.otf」の形式のフォントファイルを使うなら要らないものです。例えば「msmincho.ttc」の代わりに「A-OTF-RyuminPro-Light.otf」を使いたかったら,「:0:msmincho.ttc」を「A-OTF-RyuminPro-Light.otf」に変更し,「msgothic.ttc」の代わりに「FOT-NewCezannePro-DB.otf」が使いたかったら,「:0:msgothic.ttc」を「FOT-NewCezannePro-DB.otf」とします。その場合は結局さっきのコードの代わりに次のようになります。

もちろん,この場合は「A-OTF-RyuminPro-Light.otf」と「FOT-NewCezannePro-DB.otf」のファイルを「msmincho.ttc」と「msgothic.ttc」の代わりにC:\w32tex\share\texmf\fonts\opentype(デフォルトでインストールした場合)にコピーして貼り付けておく必要があります。

TeX環境構築完了!

長い作業工程お疲れ様でした。これであなたのパソコンには無事TeX環境が出来上がったはずです。最後にサンプルを示すので,TeXworksの画面から「ファイル」>「新規作成」をして,以下のコードをコピーペーストしてください。そして右上のプルダウンメニューが「pdfpLaTeX」になっていることを確認してから,緑色の再生ボタンみたいものを押します。適当にファイルを保存して,そのまま進んでください。そうして下のスクリーンショットのような出力が得られれば成功です。また.texファイルを保存したフォルダーに.pdfファイルが生成されています。AdobeReaderなどで確認してみてください。


end

ペンタブでマイクラが出来ない理由

ワイヤレスマウスの電池が切れてしまい,替えの電池も無かったので,ペンタブレットでパソコンを操作していました。そう言えばペンタブレットだとマインクラフトが操作できないんだっけ,ということを思い出しまして,

やってみた

Minecraftのスクリーンショット
はい,本当でした。天頂を仰ぐか足元を見るかしか出来ず,ちょっとペンを動かすと視界がくるくるくる~~ってなりますね。スクリーンショットじゃ残念ながらくるくるしてるところが分かりませんが, な ん で ブ ロ ッ ク が 左 手 の 位 置 に あ る の

なぜでしょう?

「えーマウスもペンタブも同じじゃん?」って思ったあなたは,ペンタブレットを使ったことがないか,あるいは使い慣れすぎてペンタブレットもマウスも無意識で使ってるから違いが分からなくなっているか,どちらかですよ!

ワコム設定画面1
これはワコムのペンタブレットの設定画面ですが,丸で囲ってあるところを見てください。「座標検出モード」とありますね。ここまでくればペンタブレットを使ったことがある人はピンとくるはずです。

ペンタブレットを使ったことがない人のために説明しましょう。
model
このように,普通ペンタブレットはワコム製品で言う「ペンモード」で,ペンタブレット上のペンの位置と画面上のマウスカードルの位置を対応させているので,たとえタブレットから一度ペンを遠ざけてから再び別の場所にペンを近づけたとしても,その場所に瞬時にマウスカーソルが移動します。

つまり,ペンタブレットと画面の大きさの比を考えればわかるように,ペンをちょっと動かしただけで,マウスをかなり大きく動かしたのに相当してしまう訳です。というよりマウスカーソルが瞬時に移動してしまうことで,マインクラフトのプログラムはマウス移動の加速度を,かなり大きい値として検出してしまっているからなのかもしれません。

ワコム設定画面2
でもまあ、実際に、マウスモードにしたら、決して操作しやすくはないですが、出来なくはなかった
ということで。

TeXに直接作図しよう!2

すでにTikZがインストールされていて,TeX文書ののコンパイルにはdvipdfmxを使うものと仮定して話を進めていきます。

パッケージを読み込もう

TikZをLaTeXで使うには,プリアンブルに次のように書く必要があります。

これでよさそうなのですが,これだけではdvipdfmxではうまく表示できません。画像関係の扱いはソフト固有の処理があるらしく,TikZに「dvipdfmxを使いますよ」と教えてあげなければなりません。そこで次の一行を加えます。

あるいは,次のようにgraphicxパッケージを読み込むのであれば上の一行は不要になります。

結局,

または

とプリアンブルに書くことで,TikZを使う準備が整いました。

必要に応じてTikZのライブラリーも読み込もう

\usepackage{tikz}だけではすべてのTikZの機能が使えません。この記事では必要に応じてまた説明しますが,例えば「calc」というTikZのライブラリーに含まれている機能が使いたければ,

のようにプリアンブルに書く必要があります。

TikZコマンドの書き方

TikZのコマンド(\pathや\drawなど)はtikzpicture環境の中に記述します。tikzpicture環境の外に書くとエラーが出ます。

\tikz{…}という書き方もあるのですが,基本的には,TikZのコマンドは必ずtikzpicture環境の中に記述するものだと思っておいてください。また,各行の最後にはセミコロン「;」を打ってください。ただし,行の最後というのは,改行の位置ではなく,ひとつのコマンドの最後という意味です。

点の座標(coordinate)のプリミティブな定め方を知る

TikZでは直線・曲線を引いたり,円を描いたりするときに,点の座標を指定します。点を指定するだけではまだ画面に何も表示させられませんが,最初が肝心ですので辛抱強く耐えてください。その指定方法には次のものがあります。

直交座標系(デカルト座標系:Cartesian coordinates)

Rendered by QuickLaTeX.com

中学・高校の数学でもよく使う座標系なのでなじみがあるでしょう。右向きの上向きが正の向きです。スクリーン座標系(下向きが正)ではありません。x座標がay座標がbなら,

と書きます。単位は付けても付けなくてもかまいません。付けなければ多分[cm]になります。

極座標(Polar coordinates)

Rendered by QuickLaTeX.com

高校数学の最後のあたりで習い,しかも文系なら習わないかもしれない,でも大学入試でサッと使えるとたまに便利な,あの極座標です。原点Oからの距離がrで,x軸の正の向きとのなす角がθとなる点を

と書きます。高校で習う極座標の書き方は(r, θ)ですが,それとは違うので,注意しておいてください。また別の書き方として,

と書くこともできます。ただし,上の二つのいずれの場合もrには単位(px, cm など)をつける必要があります。(付けなくてもコンパイルは通りますが,直交座標に単位を明示しなかったときとは違う単位になります。)

直交座標で単位を明示しないときと同じ単位を使う場合は,

とでき,rに単位をつける必要はありません。(逆に単位を付けるとコンパイルが通りません)

ある座標に名前をつける

数学でも「三角形ABCの重心をGとおく。」のように,点に名前をつけることがありますが,TikZでも点の座標に名前をつけると便利なことがあります。名前を付けたい座標を「(座標)」,名前を「name」とすると,

というコマンドを書きます。この省略形の

と書くこともできます。「(座標)」の部分には,直交座標(a,b)でも極座標(θ:r) or (xy polar cs:angle=θ, radius=r)でも,どんな指定方法の座標でも入ります。「name」は何文字でも構わないのですが,数学の慣習的に大文字のアルファベット一文字にすることが多いでしょうか。例を挙げますと,

というコマンドを書いておけば,後ろの場所で「(0, 0)」の代わりに「(O)」と書くことができます。

プリミティブな相対座標

相対的な座標を用いる方法は他にもありますが,まずはtikzパッケージを読み込んだだけで使える相対座標を説明します。相対座標は《現在の座標》からの変位を,

で表します。例えば,点Pがすでに与えられているとき,点Pからx軸方向にa, y軸方向にbだけ移動した点にQという名前を付けたければ,

と書けます。直交座標に限らす,極座標でも大丈夫です。これは,\pathコマンドの後ろが左から順番に解釈されるときに,まず(P)で《現在の座標》が点Pになり,次に++(a, b)で《現在の座標》を(a, b)分変位させ,最後にcoordinate(Q)で《現在の座標》にQという名前をつけているのだと考えることが出来ます。ですので,そのように解釈できない次のコードは不正です。

\coordinate (Q) at(P) ++(a, b);

++(変位)」は《現在の座標》に《現在の座標》を変位させた後の座標を代入しますが,

とすると《現在の座標》は変更されません。

例えば,「++(変位)」の場合,《現在の座標》が次々に移っていくので,

と同じ図形を相対座標を用いずに書くなら,

Rendered by QuickLaTeX.com

となりますが,「+(変位)」だと,

と同じ図形を相対座標を用いずに書けば,

Rendered by QuickLaTeX.com

となります。これは《現在の座標》がずっと(1,1)のまま変わらないので,「+(変位)」では(1,1)から変位させたものが計算されるためです。

いずれまた,もっと複雑な点の指定方法を説明しますが,とりあえず次回は図形の描画から説明を始めましょう。

1 2